レディ

腸内環境を正常化|便秘解消には健康食品が最適です

便秘が辛いときは

女性

安心な薬

便秘で悩んでいる方は意外と多いです。特に女性は運動不足になったり、ダイエットをしたりなどで便秘になりやすくなります。また生理や妊娠などでも便秘になり、ひどい時は痔になることもあります。便秘は日頃の生活を見直して改善していくことが大切です。しかし、お腹が張って辛いときは必ず我慢せずに便秘薬を使うことをおすすめします。肛門科でも薬を処方してもらえるので、市販のものをあまり使いたくない人や妊娠中、授乳中の方は病院で処方してもらうことをおすすめします。市販のものではマグネシウム系の便秘薬がおすすめです。効果が穏やかなので、急激にお腹が痛くなるということがなく、薬になれるということもないので、日頃から使用できます。

普段の生活を見直す

すぐにでも出したいという方は浣腸や炭酸ガスで便意を促す座薬がおすすめです。10分ほどで便意が来ますが、それまで我慢しなければいけません。できるだけ便秘薬に頼らずお通じがあるためにはやはり食生活が大切になります。特に女性はダイエットなどで食事を抜いたり、炭水化物をとらなかったりします。そうすると便のかさが増えないので、お通じの回数も減っていきます。きちんとお通じがあるためにはきちんと食事を摂り、運動をすることが大切です。食物繊維を意識して食べると便も柔らかくなります。また、オリーブオイルなども便がスルッと出るようにする働きがあるのでおすすめです。それでも便秘になるという方は便秘薬を使用したり、病院に行くことをおすすめします。